外来診療担当表: 形成外科

曜 日 午前担当の医師名 午後担当の医師名
月曜日 - -
火曜日 - -
水曜日 - -
木曜日 - -
金曜日 - -
土曜日 大学医師 -

科の紹介

形成外科では先天性および後天性の身体外表の形態・色調の異常や機能異常を治療の対象としています。主に外科的手技を用いて形態的・機能的に極力正常に治し、個人の生活の質を向上させることを目的としています。

実際の形成外科的治療は多岐にわたりますが、当院では主に外来通院での手術を行っています。局所麻酔下にできない治療の場合は、全身麻酔が可能な病院に紹介させて頂きます。

当院で行っている治療の主なものは次のような状態です。

  • 眼瞼下垂(まぶたが下がり見えにくい)
  • 各種母斑(あざ)、血管腫、色素沈着症
  • 皮膚・皮下の腫瘍(できもの)、腫れもの
  • 手術後やケガの傷跡、ケロイド
  • 熱傷後の瘢痕拘縮(つっぱり)
  • 褥瘡(床ずれ)、難治性皮膚潰瘍
  • 顔面神経麻痺
  • 陥入爪など手、足の爪周囲のトラブル

外来は、形成外科学科の専門医が担当しますので、どうぞお気軽にご相談ください。