ホーム > 病院について > 患者様と医療者のパートナーシップについて

患者様と医療者のパートナーシップについて

宮崎医療センター病院は、安全で質の高い医療・介護を提供し、地域に貢献していくことを理念としています。また、基本方針である「患者様の権利の尊重」と「安全で質の高いチーム医療」に病院をあげて取り組んでいます。

良質の医療の提供

根拠に基づいた正しい医療を正しく提供すると共に、知識と経験・技術に基づいて患者様個々に合わせた診療を行っています。また、ご希望があれば他施設でのセカンドオピニオンに対応いたします。必要な方はお知らせ下さい。

安全の確保

当院では「宮崎医療センター病院医療安全管理の指針」を基に事故防止に努力し、常に「人は誰でも間違いを起こす」ことを念頭に、医療に携わる個人の問題と組織に潜むシステムの問題との双方を検討し、安全性の向上をはかっています。院内感染対策に関しても、「宮崎医療センター病院院内感染対策の指針」を基に、組織的な管理、職員への指導に常時取り組んでいます。医療は本質的に不確実なものです。たとえ医療的な間違いが無くとも、事故が起こることがありえります。患者様自身が十分納得した上で、自由に自分の治療方針を決定していただくことが最も大切なことです。

医の倫理への対応

当院では医の倫理の問題に対し、患者様の人権を守ることを第一と考え、当院で定めた臨床倫理規定や職業倫理既定の尊重に努めております。また、必要時は倫理委員会を開催して問題解決に取り組んでいます。

情報開示とプライバシーの確保

当院ではインフォームド・コンセントやカルテ開示といった積極的な情報提供と共に、外来・入院患者様のプライバシーの厳重な保護に努めています。

患者様やご家族の意見の尊重

患者様やご家族の抱える社会的問題、社会復帰、医療費の負担、施設入所などの問題には医療ケースワーカーを主体として相談に応じています。その他、医療サービス全般、苦情、提案など、患者様やご家族の方の意見を尊重するため、相談窓口、投書などで対応しています。  これらのことは医療者側の取り組みだけでなく患者様と医療者とのパートナーシップが重要です。患者様自身が積極的に医療に参加していただき、医療者との信頼関係に基づいたよりよいパートナーシップを築き上げていただくために、当院では以下のような患者様へのご協力をお願いしています。

患者の皆様へのお願い

  1. 最善の医療を実現するため、ご自身の健康に関する情報はできるだけ正確にお伝えください。
  2. 「説明と同意」に基づく医療を行っております。説明がよく理解できない場合は納得が出来るまでお尋ねください。
  3. 医師の説明を聞き、ご自身で納得した治療方針に沿って、治療に専念してください。
  4. 治療や検査を受けられる場合は、職員とともにご自分のお名前や内容をご確認ください。
  5. 全ての患者様に快適な療養環境を提供させて頂くために、病院内での規則と病院職員の指示をお守りください。

お困りの点、お気づきの点などありましたら、患者様相談窓口へお越し下さるなり担当職員にお申し付け下さい。投書いただいても結構です。是非、より良いパートナーシップを築き上げていきたいと考えています。

▲このページの上へ