ホーム > 個人情報保護方針

個人情報保護方針

スタッフステーション写真

1.基本方針

社会福祉法人 関東マリア会 特別養護老人ホーム グランヴィラ牛久 (以降 当施設という)は、当施設が扱う個人情報の重要性を認識し、その適切な保護のために、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報保護に関する法令その他の関係法令及び厚生労働省庁のガイドラインを遵守するとともに、利用者の個人情報の保護を図ります。

2.個人情報の適切な収集、利用、提供の実施

  1. 個人情報の取得に際して、利用目的を特定して通知又は公表し、利用目的に従って適切に個人情報の収集を行います。
  2. 個人情報の収集、利用にあたっては、当施設の定めるルールに従い原則本人の同意を得るものとします。
  3. 個人情報の漏えい、紛失、棄損、改ざん及び不正なアクセス等のリスクに対して、当施設の定めるルールに従い必要な安全策、予防措置等を講じ適切な管理を行います。
  4. 職員募集の応募者の個人情報については、厳重に保管・管理し応募者ご本人との連絡以外には利用いたしません。

3.安全性の確保の実践

  1. 当施設は、個人情報保護の取り組みを全ての職員等に周知徹底させるため、個人情報保護に関する規程を策定いたします。
  2. 当施設は、個人情報保護の取り組みが適切に実施されていることを検証するため、当施設の定める検証システムを活用し、定期的に評価・見直しを行い、継続的な改善に努めます。

施設の運営方針等について

施設において

  1. 利用者及びそのご家族の個人情報の利用目的を明記した文書を掲示します。
  2. 利用者及びそのご家族の個人情報の利用目的を明記した文書を利用者及びその家族に説明して   配布します。(重要事項説明書)
  3. 個人情報の保護に関する方針を施設内に掲示します。
  4. 個人情報の保護に関する方針についてホームページに掲載します。
  5. 個人情報の保護に関する方針についてパンフレットに掲載します。
  6. 個人情報の保護のマニュアルを作成して、職員に周知徹底します。
  7. 入居者のサービス記録は簡単に持ち出すことができないように、また簡単に覗き見ができないように配慮します。サービス記録は鍵のかかる書類棚に保管します。
  8. パソコンはパスワードを用いて関係者以外が開くことができないようにします。また、セキュリティソフトを使用して管理します。

利用者において

  1. 利用者の求めに応じて、サービス記録を開示するマニュアルを作成します。
  2. 利用者の求めに応じて、サービス記録を開示する仕組みを明記(重要事項説明書)します。
  3. 利用者が特定できる物を安易に廃棄しません。
  4. 利用者の情報を関係者以外に知らせません。また、知る機会を作りません。
  5. 電話での利用者の問い合わせなどは、利用者及びそのご家族の了解がない限りは応じません。

職員において

  1. 職員入職時に守秘義務についての契約書を取り付け就業規則に取り入れます。
  2. 職員の個人情報を保護することに全職員で取り組みます。業務中の会話にも注意を払い、問い 合わせに対しての対応もマニュアル化して徹底します。
  3. 個人情報の保護に関する研修を計画的に施設内で開催します。(年一回)また、新入職オリエンテーションに組み込みます。
  4. 個人情報保護委員会を設置して問題があれば直ぐに対応できる会議を行います。
  5. 個人が特定できる書類等を施設外に持ち出しません。
  6. パソコン管理上の電子記録媒体は施設外に持ち出すことを禁止します。
  7. シュレッダーや焼却により廃棄します。

社会福祉法人 関東マリア会
  特別養護老人ホーム グランヴィラ牛久 

▲このページの上へ


社会福祉法人 関東マリア会
特別養護老人ホーム
グランヴィラ牛久

〒300-1231
茨城県牛久市猪子町892-2
TEL:029-817-5111(代表)
FAX:029-872-1050